交通事故紛争処理センター

交通事故の慰謝料で交通事故紛争処理センターを利用できますか?

交通事故の慰謝料で交通事故紛争処理センターを利用できますか?

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 

 

交通事故紛争処理センターには弁護士がそろっていますので、弁護士基準で解決に向かうことができます。
利用料は無料で弁護士がそろっていますので、心強い見方であることは間違いありません。
ですが弁護士基準とはいっても、相手がこちらから提示した額に納得できないこともありますので、裁判で判決がくだるよりも低くなることがあります。
というのも、交通事故紛争処理センターでは訴訟を行わず、円満解決を目指しているからです。

 

慰謝料が発生するのは、精神的、あるいは身体的被害が大きく、相手からの示談金に納得できない場合などです。
交通事故紛争処理センターでは同じような場合に、満足のいく内容で解決できるように話を進めていくのですが、最終的に慰謝料を求める裁判にはなりませんから、賠償金、慰謝料を求めることはできても、裁判で下るような額にはならないことが多いのです。
慰謝料を求めるために交通事故紛争処理センターを利用することは結論から言えばまったく問題ありません。
ただし、そのためにはいろいろな手続きや書類を用意しなければならず。円満解決に向けて注意したいこともたくさんあるのです。

交通事故紛争処理センターを利用する時の注意点

交通事故紛争処理センターは無料で利用できる交通事故円満解決のためのセンターです。
しかしこちら側が何も調べずに、病院の費用などもあいまいで、確かな領収書などの資料もなく、交通事故紛争処理センターから必要といわれている書類がまったく用意できていないということであれば意味がありません。
慰謝料を任意保険会社から提示された額よりも多くとり、円満に解決するためには、自分でもある程度慰謝料の計算をしてみましょう。
何も計算せずに、最初から慰謝料はいくらになるかと聞かれても、弁護士側にも十分な資料がありませんから、困ってしまいます。

 

実際に交通事故紛争処理センターを利用して、慰謝料が増額した、という人のほとんどが、事前に書類などの資料をしっかりと用意し、自分が被害者であるという気持ちと強く持っている人だといいます。

 

慰謝料増額、後遺障害認定、円満解決のために紛争の表に立つのは弁護士でも交通事故紛争処理センターでもありません。
被害者本人です。
交通事故紛争処理センターを利用して慰謝料が増額された、という事例は多く見られますし、むちうちの後遺障害で数百万円の慰謝料を取った、という事例も中にはあります。
ですが、そこにはやはり、本人の気持ちの強さが重要になってくるのです。

 

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ