交通事故慰謝料の示談

交通事故の慰謝料を示談で済ますには?

交通事故の慰謝料を示談で済ますには?

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 

 

交通事故では慰謝料を請求することができますが、示談で済ませることも可能です。
示談というのは、当事者同士が話し合いの上で支払い金額を自由に決めることをいいます。
交通事故の大半は示談で済ませることが多く、法律に基づいた計算方法でなくとも、両者が納得すれば特に問題ありません。
一方の慰謝料は法律にのっとって請求する金銭となります。
金額を決める際は法律が少なからず適用されますから、当事者同士の意思によって決めることはできません。

 

もちろん当事者同士が自由に金額を決められることもありますが、交通事故ですから慰謝料の相場、計算方法が決まっており、この計算に会わない金額が認められることはほとんどありません。
示談で済ませたいのであれば、双方が納得できる答えを出すことです。
慰謝料請求まで行くと弁護士や保険会社が大きく関わってくることになりますから、保険会社の手を借りながらも、当事者同士がメインとなって示談で終わらせる、あるいは保険会社同士のやり取りで終わることで、慰謝料請求という煩雑な手続きに進まずに済みます。

慰謝料を示談に済ませる方法

交通事故の慰謝料を示談で済ませるためには、慰謝料で請求できる金額よりも少ない、ということをまず念頭に置かなければなりません。
交通事故の場合、ほとんどが示談で終わります。
示談は当事者同士が話し合いをし、保険会社を通じて金額の提示をするなどし、裁判をせずに終わらせる方法を言います。
示談金は法律の介入が必要なく、被害者と加害者、両者がその金額に納得すれば終わります。

 

慰謝料の場合は法律に基づいた計算や相場が関わってきますが、示談の場合はすぐに終わらせることができるというメリットがあるのです。
ですから、示談で終わらせたいというのであれば、双方が納得できる答えを出すことです。
ですが中には被害者側が少ないということを言ってきて、しかし加害者側は早く終わらせたいので、被害者の提示額で納得してしまう、ということも少なくありません。
これでは被害者メインで示談が進んでしまうということになりますから、できれば保険会社のプロに間に入ってもらうことが望ましいでしょう。

 

ただし、任意保険に加入していない場合は自信で示談をすることになります。
示談金には慰謝料、休業損害、治療費など、すべてが含まれています。
法律の介入を必要としませんから、自由度は高く、示談で終わらせようという人が多いのです。
示談で済ませたい場合は、法律の介入があるまえに、保険会社からアドバイスをもらうなどし、双方納得のいく話し合いをしましょう。

 

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ